排水管の水漏れ箇所と原因

排水管からの水漏れには様々な原因と場所があります。まず、排水は排水口から流れて排水管を通って排水溝へと出ていきます。汚水が毎日これらを通っていくわけですから、管の劣化が早くなっていくのは当然のことと言えます。このような排水が毎日のようにされている場所は、通常の家庭であればキッチン、浴室、トイレが主な場所となります。また、ワンルームマンションなどではユニットバスを使用していることがあります。このユニットバスは浴槽、トイレ、洗面台すべてに排水口や排水管が付いていますが、実はこれらは一本に繋がっていますので、点検する場所は一つとなります。ともあれこれらの箇所を一つ一つ丁寧に調べて、水漏れ原因を特定することになります。

■排水パイプが詰まる原因

キッチンやトイレに限らず、排水口からは排水パイプが繋がっています。この排水パイプにゴミなどが溜まると、水の流れが悪くなってきます。特にキッチンなどは毎日のように汚れなどを排水し続けているので、それが積もり積もって水が流れにくくなっていきます。そしてたとえ流れが悪くても、絶え間なく水が押し出されてくるわけですから、その結果、排水パイプ自体が悲鳴を上げて破損してしまうのです。これは排水パイプすべてにいえることです。キッチンなら調理の際に出る油やごみ、洗剤、風呂場や洗面所なら髪の毛や人体から出る皮脂、あるいは石鹸カスなど、これらがパイプを詰まらせる原因となっていきます。

■接続部分の緩みと経年劣化

排水管は一本で出来ているわけではなく、様々な部分が接続されています。この接続部分が水漏れを起こすことがあるのです。この原因は大抵の場合、接続部の緩みから来ます。接続部分はネジやナットで絞められているため、それらが緩むと漏水が起こるのです。この緩みは日常生活の中で起こる絶え間ない振動や、地震などで少しづつ緩んできます。
経年劣化は避けることができません。排水管の耐用年数はその素材にもよりますが、大体20年前後と言われています。当然のことながらいずれは劣化して脆くなり、壊れてしまいます。もし、家を建ててから20年以上経過しているのなら、排水管も経年劣化していますので、いつ水漏れが起こってもおかしくない状態といえます。

■まとめ
排水管の水漏れは様々なことが原因で起こります。水漏れを見つけた時に、まず大切なのは決して慌てないことです。先ずはこれ以上被害が出ないように止水栓を締めて水道を止めます。その上で漏水が起きる可能性のある場所をすべてチェックします。上述した箇所が可能性の高いところですので、念入りに調べましょう。そして水道 修理をしてくれる専門業者に連絡をして、漏水箇所の説明などをすれば、修理はスムーズに進むでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ