排水管 水漏れを自分で修理する時の注意

水漏れは水を扱う二つの管、つまり給水管と排水管から起こります。それではこの二つはどう違うのでしょうか。まず給水管は家庭で使う蛇口に直接接続されている管で、きれいな水が流れています。ここでは水を出すために常に高圧の負荷ががかかっており、そのおかげで水が排出されます。少し前まではこの管は金属でできていたので、腐食などで金属片が流れ出てきたり、それが原因で漏水を招くこともありましたが、今では樹脂製の管に変わっており、耐久性が強くなっています。また、詰まったりすることがなくなった代わりに破損や破裂が起こることもあります。

排水管 水漏れの修理

排水管は家内部で使用した水を外に排出する管で、キッチンやトイレなどの汚れた水を流します。その為に、管の中には常に水が流れているわけではなく、水を使用した時だけ流れることになります。この管は給水管のように内部に圧力がかかっているわけではないので、勝手に流れ出ることはありません。その為に、常に上から下へ流れるような傾斜をつけて取り付けられます。そのせいで管が詰まると破損や破裂などを招く恐れがありますので注意が必要です。なお、常に汚水が流れることになるので、管の内部は汚れていきます。この管は定期的に手入れをするべき場所なのです。
排水管の水漏れは、簡単なものなら自分で直すことができます。

■自分で修理ができる場合

自分で修理ができる場合は、実は限られています。蛇口などのように外に出ていて作業しやすい場合はよいのですが、大抵の場合、隠れたところに修繕ポイントがあります。その為に素人には作業がしづらく、やれることも限られしまいます。
まず、キッチンの下にある管ですが、もし、排水口と排水管を繋ぐ結合部分からの水漏れですと、そのナットを締めれば直ることがあります。管が比較的新しい場合は劣化による破損ではなく、単なる緩みが原因である可能性があり、ウォーターフライヤーなどの器具を使ってしっかりと締めなおせば漏水は止まります。しかし、それでも止まらない時には、パッキンの劣化が考えられます。この場合は、ナットを外してその中にある古いパッキンを取り出し、新しいものと取り換えれば作業は完了です。この際に注意することは、パッキンには様々な大きさがありますので、古いものと同じサイズのものを用意するようにすることです。
洗面所も同様の方法で直すことができます。浴室やトイレなどの排水管は見えない場所にありますので、自分で修理することは避けましょう。

■まとめ
排水管の修理は、管の特性を理解してから始めるべきです。この管には給水管と違って常に汚水が流れ、そのために内部は汚れていることが多いです。また、水を外部へ出す管のために、家の外でのトラブルも多いです。壁の中から音がしていたりする場合は、室内の管ではないので素人が修理できることではありません。排水管のトラブルで素人が修理できることは、限られた場合です。そのことを理解した上で、漏水場所を特定できなかったり、手に負えないと感じた場合には速やかに専門の業者に頼むことが一番無難で手早い解決法になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ