排水管からの水漏れは日頃のチェックが大切です

排水管からの水漏れは日頃のチェックが大切です ある日突然、高額の水道料金を請求されことがあるという人もいるのではないでしょうか。これはほとんどの場合、排水管 水漏れが原因になっていることが多いです。通常、排水管は目につきにくい場所にあるために、それだけ漏水の発見が遅れます。
水漏れを早期に発見するには、様々な方法があります。まず、水道料金の請求書を数ヶ月分確認します。こうすることで実際支払っている毎月の料金の平均を知ることができます。大体の料金が分かっていれば、毎月の請求書が来た時にあまりにも高い場合はすぐに気が付くことができます。早期に気が付けばそれだけ被害が拡大しませんし、金額もそれほど高くはならないでしょう。しかし、発見が遅れれば遅れるだけ被害が大きくなっていきますし、修理も大掛かりになります。その上、高額の水道料金を支払い続けることになるのですから、常に早期発見ができるように心掛けましょう。

■水漏れしているかどうかをチェックする

速やかに発見するためには、いくつかの方法があります。まず最初にするべきことは水道メーターのチェックです。水道メーターは本来水道局の人が、その家でどの程度水を使用したかを調べるためのものですが、漏水を調べることもできます。では、その手順を順を追って説明します。まず、家じゅうの水道栓を全て閉めます。次に水道メーターを見ます。メーターは通常建物の外にあり、家の近辺を探してみれば見つかります。アパートやマンションであれば玄関の近くにあることが多いです。水道メーターを見つけたら、そこにパイロットと呼ばれる小さなプロペラ状のものがあります。それが回っていたら水道を使用中で、使用していなければプロペラは動きません。もし、水道を使用していないのにもかかわらず、プロペラが回っているのであればどこかで漏水をしている可能性が高いです。

■水漏れ箇所の特定
上記の方法で水漏れがしていることがわかったら、次にどの部分で漏水が起きているのかを調べる必要があります。通常、排水管はキッチン、洗面所、浴室、トイレなどにあります。キッチンはシンクの下を見ると管が通っているのが分かります。それらの管の下に水が溜まっていないかどうか、あるいは管の継ぎ目をティッシュペーパーなどで拭いてみて、濡れるかどうかを確認します。キッチンは料理で油を使うことも多く、それが管をつたってこびりつき、管の劣化の原因になることもあります。
洗面所は髪の毛や石鹸のカスなどが溜まって詰まったり、それが原因で漏水を起こしたりすることが多い箇所です。ここもやはり洗面所下に管が通っていますから、キッチンと同じような方法で調べます。洗面所は男性が髭を剃ったりしてそれをそのまま流してしまうことも多く、毛髪やごみで詰まるトラブルが多発します。もし排水口に網がついていない場合は、ホームセンターなどで専用の網を購入して取り付けると予防になり効果的です。
浴室も詰まりからくる漏水の多い場所です。髪の毛以外にも石鹸、シャンプー、トリートメントなど油分の多いものや人体の垢など様々なものが流されていきます。その為にトラブルも多くなります。また、まれにですが中にはゴミなどを排水口から捨ててしまう人もいますので、これらのことは絶対にしないように注意しましょう。

■排水管の汚れを掃除する

排水管は日頃掃除をしておけば、漏水を引き起こすことが少なくなりますので、できるだけするようにした方が良いでしょう。まず、細長いワイヤーブラシを用意します。キッチンの下や洗面所の下の配管はS字状になっていることが多いです。排水口からそのワイヤーブラシを差し込みます。押しては引きを繰り返すと、ブラシに黒い汚れが付いてきます。このヘドロ状のものが漏水の原因の一つです。キッチンであれば重曹を排水口に振りかけ、その上から酢を流します。こうすることで重曹が酢と反応して泡状になり、汚れを浮かして取り除いてくれます。その後にお湯を流せば、汚れと共に重曹や酢も一緒に流れていきます。
洗面所と浴室には重曹とクエン酸を使ったお手入れがおすすめです。キッチンと同じように排水口に重曹を振りかけ、その上からクエン酸をかけ、しばらくしたらお湯を流します。洗面所や浴室は、キッチンと違って皮脂汚れや石鹸の持つアルカリ汚れが多いのでクエン酸を使うようにします。

■まとめ
排水管からの水漏れはなかなか気付きにくく、気が付いた時には大きな被害になっていることも少なくありません。トラブルを防ぐためには日頃からの注意が必要で、水道料金をこまめにチェックすることが大切です。また、石鹸の小さな残りを溶けて流れると思ってそのまま流してしまうことも多々あります。石鹸はアルカリであり、それが汚れとなって管に付着します。これが将来的に管の劣化を招き、漏水を引き起こします。常に排水管は掃除をして、大事に至らないように注意しましょう。また、もし漏水に気が付いた時には、前述したような方法で点検をしてみて、手に負えない場合は速やかに専門業者に依頼すると良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース